« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

水漏れに愕然、呆然、唖然

昨晩、とんでもないできことが発生した。
うちは一戸建てなのだが、2Fにトイレがある。
そのほかには、寝室に和室がある。

お昼過ぎにトイレをいつもどおり掃除をして、買い物へ。
夕方帰宅後、1Fリビングで主人の帰りを待っていた。

23時ごろ、寝室を暖めようと2Fへあがろうと階段へ向かうと、なんと水が滝のように流れてる・・・

愕然としたけど、即吸水性の高いマットで1Fの浸水を止める。
2Fへあがると、お池状態・・・

トイレを見ると、ウォシュレットの給水ホースが抜けていた。
水が沸いてる。。。。
即止水栓をとめ、モップとバスタオルで水を吸い取り始める。
寝室への浸水が激しい。
玄関付近も水が・・・

とにかくしゃれにならないくらいの事態が発生。
バケツ2杯分の水をモップで吸収させ、残りは、バスタオルにがんばってもらった。

1Fの浸水も発生。
数箇所。

主人は残業で帰宅が1時過ぎだった。
惨劇をみて、攻められると思ったが、寛大に「起きてしまったことはしょうがない。すべきことをしよう」と現状をチェックしてくれました。

布団乾燥機をトイレの止水栓付近を乾燥させて、アトは、除湿機を動作させました。

とりあえず、1Fリビングで就寝。
しかし、私は、一睡もできず、朝を迎える。
その間、ネットで除湿乾燥サービスをしてくれる会社を検索し、発見。

朝、起床した主人へこの会社HPを見てもらい、とりあえず、電話をすることに。
6時半という朝から、丁寧に受付対応をしてもらえてちょっとだけ、安心する。
担当者からの電話は9時以降といわれ、電話を待ち、8時40分ごろ、電話がかかってきた。
状況を説明し、すぐにきてくれるとのこと。
しかし、今日は大雪。
15時のお約束で来ていただく。

即調査をはじめ、かなりの重症であることが判明。
予想はしていたが、どんどんテンションが下がる。
火災保険もなんと使えないことが判明。
すべて自己負担になると・・・

フローリングにしみがでてういているところもあるが、修繕は見送り、とにかく、除湿乾燥をしていただくことになった。

担当者がとっても親身で親切な方で、いろいろと対応してくれた。
その対応にだいぶ心がすこし楽になったような気がした。

見積もり金額もだいぶ、良心的な金額で、主人に電話をし、直接担当者と話をしてやっていただくことに。

即対応が始まり、除湿乾燥機3台。サーキュレーター6台。設置完了。
夕方19時近くまで対応してもらいました。

業者さん、新百合ヶ丘からいらしてました。
遠くから、大雪の悪路をはるばる千葉まできてくだり感謝です。

1週間乾燥を実施後、調査し、防カビ処理を実施後、撤去、完了となる予定です。

本当に大変なことが起きてしまい、かなり気がめいっています。
体が冷えすぎて、具合が悪くなりそうだったので、すぐ、お風呂に入りました。
今は、だいぶ、楽になりました。

明日は、友達と会う約束があるので、気晴らしをしてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »